あの「PRIDE」「ニコニコ超会議」を手がけるAR・VR・MRの「LATEGRA」が1.5億円調達を創業手帳編集部が解説

2018年12月27日、株式会社LATEGRAは、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。引受先は、株式会社ドワンゴです。

代表の山形氏はPRIDEの仕掛け人。創業手帳編集部がAR/VR投資の動向とともに解説しました。

株式会社LATEGRAについて

株式会社LATEGRAは、高度なCG制作技術とARやリアルタイムモーションキャプチャーのテクノロジー、そして数々のリアルイベントで培った演出力で、バーチャルキャラクターを筆頭に、リアルとバーチャルを融合させたライブイベントの演出制作を行っています。

代表の山形龍司氏は1960年生まれで、経験豊富。2017年創設のスタートアップながら、擁するクリエイターは数十名在籍しており、かなりの規模となっています。

山形氏はあの一時代を作った格闘技イベント「PRIDE」の演出を手がけています。エッジのたった演出で盛り上げ、絶頂期にはフジテレビを代表する人気スポーツコンテンツにもなり、大晦日の風物詩にもなった、あの格闘技イベントです。

山形氏は、格闘技イベントの他に舞台、ステージの演出、プロデュースを行っており、2009年からDwango主催の「ニコニコ超会議」の総合演出を担当しています。2018年11月3日(土)にさいたまスーパーアリーナで開催された、ニコニコ超パーティー2018の演出を行っています。

同社は、「PRIDE」のような大規模イベントのノウハウ、テイストをニコニコ超会議に持ち込んだとも言えます。そのニコニコ超会議を運営するドワンゴが、同社に出資して関係を強化するのは自然な流れと言えるでしょう。AR/VRの一般的なVC投資の面もあるかもしれませんが、ドワンゴの戦略的な資本業務提携の意味もある出資だと編集部は見ています。

また、実際に取引を行っているドワンゴが評価するだけあって、同社のノウハウが高いレベルであることの証明でもあるといえるでしょう。提携性の強い出資でも、今後のVCからの評価、資本調達にもプラスの影響を及ぼす出資でしょう。

株式会社LATEGRAは、2019年春に、VR空間上のライブ会場「VLA」のプレオープンを予定しています。

まとめ

AR・VRのスタートアップのブームの段階から一段上のレベルに上がっていくでしょう。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AR VR 山形龍司 株式会社ドワンゴ

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
製造業向けインターネット・サービス提供の「アペルザ」が12億円調達
2019年7月31日、株式会社アペルザは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカー横断で製品情報を検索できる製造業向けカタログ・ポー…
(2019/8/6)
クラッソーネが施主と解体⼯事会社のマッチング・一括見積りサービス「くらそうね」β版を提供開始
解体工事・外構工事の3社一括見積もりサービスを運営する株式会社クラッソーネが、新サービス「くらそうね」β版を8月1日より愛知県限定で提供開始しました。 「く…
(2019/8/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)