KDDIウェブコミュニケーションズの「簡単!ホームページスタートプラン」がなぜ今求められているのか

多くの企業が抱えているホームページ制作に関する課題


「できるだけ簡単にホームページを公開したい」

「ホームページを手軽に編集したい」

「コストを抑えるために自分で更新したい」

今回ご紹介するのは、このような3つの課題を同時に解決できるサービスです。

スマートフォンが普及したこともあり、これまで以上にインターネットを通じて情報を収集する人が増えています。そのため、個人事業主さまを含めた企業は、よりWebを活用していく必要があります。

今はSNSや動画の配信など、やれること、手段が非常に多く、逆に何から手をつけて良いのかがわかりづらくなってきています。

もしどこから手をつけるべきかお悩みであれば、まずは基本となるウェブサイト、いわゆる企業ホームページから作ることをお勧めしています。

企業ホームページは、自社の強みやメリットを24時間、365日公開し続けることで、常にユーザーに対して情報を提供する場として活躍します。

しかし、初めてホームページを作るとき、制作会社によって価格はバラバラ、もし自分で作るとなると、今度はサーバーを選択、デザインの検討、情報設計など検討すべき事項が多く、なかなかスピーディーに公開できません。

また、公開した後も、更新するたびに制作会社に依頼し、費用が発生してしまったり、ご自身で更新する場合はより多くの複雑な学習が必要になり、なかなかホームページの公開までたどり着けない方も多いのではないでしょうか。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

KDDIウェブコミュニケーションズが提供する期間限定の新プラン

KDDIグループのレンタルサーバーCPIは、コロナ渦において、多くのユーザーとの対話から、一つの課題が浮き彫りになりました。

「今は少しでもローコストで、少しでも早くホームページを公開したい。さらに自分で更新することで運用コストを削減したい。」

このような課題からリリースされたプラン、それがレンタルサーバーCPIの「簡単!ホームページスタートプラン」です。

まずこのプランの特徴として、「自分でホームページの更新がしやすい」ようにWordPressを採用しています。WordPressとは、初心者の方でもインターネットにつなげることができれば、ワード感覚で文章の編集ができ、比較的簡単に更新ができるツールです。

それでも、これから初めてホームページを開設する人から見ると、WordPressをサーバーにインストールして使う事ですら、とても難しい作業です。

この「簡単!ホームページスタートプラン」はより手軽にホームページの第一歩を踏み出せるよう、以下のような構成で提供されます。

  • レンタルサーバーの提供
  • WordPressをインストール、セットアップ済みで提供
  • 選択可能な業種別の美しいホームページデザインの提供
  • セキュリティを気にする方も安心の国産SSLサーバ証明書の無償提供
  • 1時間の操作サポート付き

つまり、ホームページ開設におけるはじめの一歩をKDDIウェブコミュニケーションズが全てセットアップした状態で提供するプランとなっています。

多くのユーザーの課題から生まれたプラン、気になった方は是非チェックしてみてください。

ところでなぜ、ホームページは必要なのか?

起業された方や、多くの中小企業の課題として、ホームページって必要なの?というご質問があります。

そこで、まずはホームページの役割や、メリットをご紹介します。

独立・起業時の一般的な集客方法

創業間もない企業や、独立したての個人事業主さまにおいて、顧客の拡大は最優先事項の一つ。ビジネスを軌道に乗せるために積極的な集客・新規営業が欠かせません。

通常、黎明期の企業や個人事業主さまには主に次の3つの集客方法があります。

  • 懇親会への参加
  • 過去/現在の顧客や同業者からの紹介
  • Web(ホームページやSNS)での集客

しかしながら、懇親会への参加や過去/現在の顧客や同業者からの紹介などは、次のような難点があります。

  • 新規顧客を紹介してもらう人脈や機会が不十分
  • 懇親会への参加が成果に直結するとは限らない
  • 集客活動にかけるリソースが少ない

起業家や個人事業主さま自身がもともと有していた人脈の幅にもよりますが、これらの手法だけでは十分な集客が困難な企業が多いといえるでしょう。

その点、一度インフラを整えてしまえば、インターネットを通じて多くの潜在顧客にアプローチできるWeb集客は、業務に追われていたり、人的リソースが足りない、または時間的な余裕が少ない起業家や個人事業主さまにとって、非常に有効な集客方法となります。

Web集客の3つの効果

Web集客は主に次の3点において効果的です。どれも創業間もない企業の顧客拡大やビジネスの安定成長に欠かすことができないポイントです。

  • 集客経路の拡大
  • 集客の自動化・効率化
  • 自社ブランドやイメージの定着

集客経路の拡大

電話営業や懇親会などへ参加することで名刺交換をすることが多いと思います。この時、ホームページがあると無いとでは、伝えられる情報量に雲泥の差が生まれます。特に営業活動にかけられるリソースが限られている小規模の組織においては集客経路の大幅な拡大につながります。

集客の自動化・効率化

ホームページを開設して、メールフォームなども整えておけば、顧客は24時間365日情報を閲覧し、自分で問い合わせすることができます。営業時間やリソースに縛られずに集客効果が見込めるため、集客の自動化・効率化につながるのです。

自社ブランドやイメージの定着

ホームページを開設すれば多くの人の目に留まるので、自社のメッセージを多くの人に伝達できます。自社のブランドや企業イメージの発信に活用することで、ブランディングに役立てられます。ブランドが多くの人に定着すれば、企業に対する認知度や信頼度が高まり、さらに集客効果を高められるでしょう。

どのようにホームページを開設すべきか?

ホームページの開設は業者に依頼する方法と、自前で作成する方法がありますが、資金に余裕がない、スピーディに公開まで進めたいという場合には自作がおすすめ。

一方で、自作する場合のデメリットもいくつかあるので、WordPressを活用するなどの対策によりデメリットを回避することが大切です。

業者依頼か自前で作成か

ホームページ開設においては、専門業者に依頼する方法と、自前で作成する方法があります。それぞれの良し悪しを比較すると、次の表のとおりになります。

業者へ依頼 自前で作成
開設までの時間
費用
人的リソース負担
ホームページのクオリティ

創業間もない企業や独立したての個人事業主の場合、できるだけコストを抑えて、開設をスピーディに進めたいと考えている人が多いと思います。その場合には、自前でホームページを開設するのがおすすめです。

ホームページを自作する場合の課題

ホームページを自作する場合、次のような一般的なデメリットに留意する必要があります。

  • 作成にかける人的リソースが大きい
  • デザインのクオリティが業者制作より劣る可能性がある
  • 集客効果が十分に出ない可能性がある

一般的には以上の点においては業者に依頼したほうが優位性があるといわれがち。そのため、これらのデメリットを回避するための工夫と対策が重要になります。

作成にかける人的リソースが大きい

ドメインやサーバー設定、ホームページのデザイン検討や構築と、実際にホームページを開設するまでには様々な工程があり、一つ一つ進めると多大な作業になります。

デザインのクオリティが業者制作より劣る可能性がある

ホームページの制作会社はその道のプロフェッショナルなので、視覚的な効果やキャッチコピーなど、より注目を浴び、閲覧者に訴求できるコンテンツやデザインに仕上げてきます。専門的な知見がない場合、一から同等のクオリティのホームページを作成することは容易ではありません。

集客効果が十分に出ない可能性がある

デザイン以外でも制作業者はSEO対策などにより、より多くの集客効果が出るよう、さまざまな工夫を施してホームページを作成します。検索上位に表示され、かつコンバージョン率が良好なホームページの作成を自前でおこなうには、通常は高い専門知識が要求されます。

インターネット上のホームページのうち43%はWordPress

ここで冒頭でも紹介したWordPressが改めて登場します。

「WordPress(ワードプレス)」を活用することが、自前でホームページを開設する際の課題に対する有効な解決策になります。

WordPressとは、ホームページ内の画像やテキストを構築し一元管理できるCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)の一種で、次のような点が好まれ、個人、企業問わず近年幅広く活用されています。事実、世界中のインターネット上にあるホームページのうち、実に43%がWordPressで運営されています。(2021年調べ)

3つのホームページのうち、少なくとも1つはWordPressが採用されているという事です。みなさんがよく見かけるあのサービスサイトやあの企業のホームページもWordPressで出来ているわけですね。

WordPress採用の背景は大きく分けて次の3つの特徴にあります。

  • Web初心者でも更新が簡単
  • デザインテーマや拡張機能が豊富
  • 集客効果が高いホームページを作れる

WordPressは初心者でも操作しやすい設計になっているため、習得にあまり時間がかからず、また作業にかかる負担もほかのツールを使用するのと比較すればおさえられます。

デザインテーマや拡張機能が豊富なため、簡単にホームページのデザインを決めることができます。作業負担の削減につながるだけでなく、手軽にクオリティが高く、訴求力のあるデザインのホームページが構築可能です。

WordPressを活用すると、デザイン以外の部分でも集客効果を高められます。まずスマートフォンに対応したデザインのホームページを簡単に作れるため閲覧数が向上します。

また、SEOの観点からも、WordPressの活用が有効です。現在のGoogleの検索アルゴリズムでは記事制作の権威性が重視されています。独自ドメインを取得してWordPressでホームページ開設すれば、権威性が評価されやすく、Googleでの上位表示につながりやすいのです。

レンタルサーバーCPIの「簡単!ホームページスタートプラン」の魅力

前述の通り、レンタルサーバーCPIが提供する「簡単!ホームページスタートプラン」は、これからホームページを開設する上で必要なものが一通りそろった状態で始められる事がわかります。

通常ホームページを外注するとなると、一般的には50万〜200万円と多くの費用が規模に応じて必要になってきます。こちらは2022年7月29日までの期間限定ですが、現在の情勢で、すぐにでもホームページを開設したいという方にぴったりのプランとなっています。

KDDIグループの実績ある安定したサービス

KDDIウェブコミュニケーションズが運営するレンタルサーバーCPIは、安定性を追求しており、特に集中アクセスなどでサイトがダウンしては困るような法人向けに品質を提供しているため、法人利用率は9割以上という実績があります。

同社のサーバーを利用すればトラブルが少なく安定した稼働が期待できるため、ホームページの管理にリソースを割かずに、より企業や個人事業主のビジネスに集中することが可能です。

WordPressテーマの事例

「簡単!ホームページスタートプラン」の大きな魅力の一つが「WordPressテーマ」の提供です。業種・用途別にご用意しているテーマの中から、特にご紹介したい「企業サイト向け」と「弁護士・法律事務所・士業向け」のテーマをご紹介します。

企業サイト向け

企業の公式サイトの構築に適したテーマです。企業の公式サイトにおいて一般的に必要な機能が一通りそろっておりますので、接続先や会社の基本的な情報、SNSの設定などをおこなえばすぐに公式サイトが完成します。

事業紹介や会社アピール、コラムといった、企業の情報発信に必要な機能と、CTAやSNSボタン、お問い合わせ先の表示など、ユーザーのアクションをスムーズに引き出す機能が共に揃っています。

また、トラッキングコードの追加機能も備わっているため、アクセス解析などにもスムーズに応用可能。集客効果を最大化するツールとしてホームページを効率的に運用できます。

トップページ

豊富なサイト内コンテンツ

※画像内左は、ページ編集画面

弁護士・法律事務所向け

士業向けに特化したテーマを複数公開しており、その一例として、弁護士・法律事務所向けのテーマがあります。

それぞれの専門家の実績や信頼、安心感が集客に直結するこれらの業態に適した情報発信が可能な構造となっています。

  • 専門家の強みや経験
  • 代表者挨拶
  • 事務所の構成メンバーやコラムの紹介

また、サービス業である士業では顧客からの問い合わせや依頼にすぐ対応できる構造になっていることも大切。同テーマではSNS ボタンやバナー画像の追加機能、各ページのお問い合わせ先表示などが備わっており、ユーザーがスムーズにアクションを取れる構造になっています。

トップページ

豊富なサイト内コンテンツ

※画像内左は、ページ編集画面

レンタルサーバーCPIを活用して集客効果のあるホームページを簡単に開設

黎明期の企業や個人事業主さまのスムーズな集客においては、ホームページを軸としたWeb集客が非常に有効です。

しかし、業者依頼ではコストと時間がかかる一方で、自前でのホームページ作成には専門知識と人的リソースが必要。どちらにも課題があるため、ホームページの作成方法は起業家や個人事業主さまの悩みの種になりがちです。

その点、レンタルサーバーCPIの「簡単!ホームページスタートプラン」を活用すれば、初心者でも簡単かつ短期間でホームページ開設が可能に。高い信頼性と豊富な実績を持つKDDIグループのサーバーを活用すれば、サーバーにまつわるトラブルも少なく、より本業にリソースを集中投入できるでしょう。

今後のWeb集客に向けてホームページ開設を考えている起業家・個人事業主の方は、ぜひレンタルサーバーCPIの利用を検討してみましょう。

レンタルサーバーCPIの「簡単!ホームページスタートプラン」に加入したい人、より詳細な情報をお求めの方は、こちらの資料請求フォームにアクセスしてください。

無料 初心者向けホームページ作成セミナーも隔週で開催中!
「これからホームページを作りたい」という初心者に向けた、ホームページ作成セミナーも定期開催しておりますので、お気軽にご参加ください。
お気軽にお問い合わせください

その他KDDIウェブコミュニケーションズでは、より簡単にホームページ作成が可能な「ジンドゥー」もご提供しております。

関連記事
【PVとCVの違いは?】ホームページで対策したい20のこと|チェックリストを無料配布!
【見込み客を獲得する】BtoBサイトの作り方!CVの出やすい『型』とは?

(監修: 株式会社 KDDI ウェブコミュニケーションズ
(編集: 創業手帳編集部)

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
この記事に関連するタグ
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ