(2014/4/22更新)

今回はビズシード株式会社 取締役の神田に、創業までの経歴、創業後の苦労や会社について話を聞きました。
kanda

神田真幸(かんだまさゆき)
ビズシード株式会社 取締役
明治大学政治経済学部卒、K.I.T虎ノ門大学院ビジネスアーキテクトコース(現MBAプログラム)修了。インターネット関連企業数社を経てビズシードの創業に参加。

学生時代からインターネット関わる仕事に就きたかった

ー会社の設立に参加する以前は何をしていたのですか?

神田:大学を卒業してからは、インターネットマーケティングのコンサルティングや広告代理店業を行なっている会社に勤務していました。

きっかけは大学時代に在籍していたゼミのホームページを作った事です。HTMLのタグを地道に覚えながら作ったシンプルなものでしたが、このホームページにゼミで行なった調査結果を掲載したり、ゼミの活動や雰囲気を伝えられる様になった所、翌年のゼミの入室希望者が3倍以上になって驚きました。この頃からインターネットに夢中になり、これからどんな新しいインターネットビジネスが世の中に誕生して、どんな風に社会が変化していくのだろうとワクワクして、とにかくインターネットに関わる仕事をしたいと考える様になりました。
ただ、学生の頃はビジネスの事があまりよく分からなかったので、大手企業のWeb関連部署でインターンを経験したり、大学のOBに相談をしたりと、就職先には悩みましたが、結果的にインターネットのマーケティングに特化したコンサルティング会社や広告代理店なら様々なインターネット関連ビジネスに触れることが出来るであろうと考え、その会社に入社しました。そこでは検索エンジンやオンライン広告、Eコマース分野などに強い関心を抱く様になりました。

ー次はどんなことをしていたんですか?

神田:今考えると非常に生意気なのですが、自社プロダクトのマーケティング、つまり事業者側での経験を積みたいと考える様になり、Eコマース事業者向けのシステムを提供する会社に移り、マーケティングの仕事を経験しました。

その会社はとても魅力的なプロダクトを提供していて、社長のメッセージ1つ1つがとても興味深く、充実した日々を過ごしていました。そこで実務をこなす中で次第に、プロダクトの戦略や戦術を創れる様になる為には経営的な視点が必要だと痛感し、20代のうちに体系的にビジネスの勉強をしたいと考える様になりました。英語は比較的得意だったので海外留学も考えましたが、お金も無かったですし、実務からは離れたくなかったので、海外でのMBA取得は諦めて、働きながら通える社会人大学院に入学して、会社員と学生の二足のわらじでビジネスの勉強をしました。大学院のコースでは私が最年少でしたが、一流の教授陣や様々な業界で働く同級生から大いに刺激を受け、厳しく鍛えられました。創業者の方々と接する機会も多く、起業に興味を持つきっかけにもなりました。

それからしばらくネット業界で仕事を続けていましたが、ある日、IT企業の役員として活躍していた当社代表の大久保に誘われ、起業家をターゲットとしたオンラインメディアや専門家の検索サイトを創るという事業内容に興味を持ちました。大久保の人柄に加え、日本の起業成功率向上・ベンチャー活性化は日本経済にとって重要なテーマですし、自分の力を伸ばす貴重な経験にもなると考え、創業に参加しました。

創業まもなくの海外支社立ち上げ

ー創業当初はどういったことに苦労しましたか?

神田:何かと具体的にあげるのは難しいですね。創業当初は数名のメンバーで何から何までやっていましたから、マーケティングに限らず、営業、記事の執筆などメディア作り、冊子送付のオペレーション作りなど様々なことをやっていました。ビジネスメディアですから、専門家の方々に取材して税務や法務の記事などを書くのも当初は苦労しました。

また、英語版のメディアを手掛けるフィリピンの海外支社の立ち上げでは、言葉はもちろん法律も商習慣も異なるので本当に手探り状態でした。オフィスを借りるのにも一苦労しましたし、現地の弁護士や会計士とのやり取りでは慣れない英語の専門用語も多く、社員採用の面接でも見極めが難しかったです(結果的に素晴らしい現地スタッフに恵まれました)。

ー海外支社は何をしているんですか?

神田:「Founder’s Guide」という英語圏の起業家向けのビジネスメディアを運営しています。基本的なコンセプトは創業手帳ビジネスと同様ですが、ターゲットが海外の起業家で、内容も日本の記事をそのまま翻訳するというものではなく、独自に海外の起業家や専門家へのインタビュー、海外イベントの取材、市場調査などを元に、記事の作成、編集、サイトの開発を行っています。アメリカ、カナダなど北米、イギリスなど欧州、インド、シンガポール、支社のあるフィリピンなど東南アジア圏は日本と比べて起業に対する関心が高く、市場規模も大きいです。英語が公用語と言っても、第二言語として使用している国も多いですから、極力シンプルで分かりやすい英語でメディアを制作しています。書籍の出版も行なっています。

cebu
フィリピンのオフィスと東京のオフィスはSkypeで常時接続して連携を取っています。我々の様なベンチャーでも、アジアの優秀な人材の力を活用しながら海外展開を行っていけるというのが、まさにインターネットの恩恵であると実感しています。

ちなみにフィリピンは国民の平均年齢が20代中盤と若く(日本は40代前半)、経済成長率も高いですから、現地社員達は自分達が国を豊かにするんだという強い気概を持って仕事に取り組んでいます。現地社員の経歴としては、元銀行の支店長や、元出版社の編集者、元新聞記者などが中心です。比率的には新聞社出身が多いですね。現在、インターンの学生を入れて20名近いスタッフがいます。

起業家精神が強いメンバーが集まる透明度の高い会社

ービズシードはどんな会社ですか?

神田:起業家向けのメディアという事もあり、過去に起業経験や事業開発経験があるなど、起業家精神を持つ人が多く集まっています。また、これは代表の大久保の経営方針でもありますが、とてもフラットで透明性の高い会社であると思います。オフィスの座席も基本的にフリーアドレスですので、仕事の状況に応じて柔軟に移動をしたり、コミュニケーションを取っています。年齢的には、元々30代中〜後半が多く、最近20代のメンバーも増えてきたという感じです。

ーどのような人材を求めていますか?

神田:キャリアの志向としては、そもそも起業家向けメディアの会社で、且つ会社自体もまだまだベンチャーですから、変化やチャレンジを喜びと感じる方、新規事業をたくさん経験したい方にとっては絶好の学びの場となると思います。また、メディア創りに興味がある方や、その海外展開に挑戦したい方も募集しています。職種を問わずチームプレイが重要ですので、単なるスキルや経歴よりも、礼節や他者への配慮が出来るかどうかなど、人物的な面を重視しています。

(編集:創業手帳編集部 江本)