新規顧客の獲得に「年賀はがき」のDMが効果的な4つの理由

お客さまの心をしっかり掴む販促術

(2017/09/07更新)

新規顧客の獲得は開業するお店にとって重要な課題です。また、一度来てくれたお客さまの心はしっかりと掴んでリピーター化したいところ。
「年賀はがき」のDMなら、開業するお店の販促に重要なポイントをしっかりと押さえた効果的なアプローチが可能です。

本文を読む

理由1 年賀はがきだから一目で伝わる

はがきは片手でも裏表が確認できるので、そこに書かれていることが一目で相手に伝わりやすい媒体です。

理由2 お年玉くじ付きだから捨てられにくい!

「年賀はがき」には現金 10 万円などが当たるくじが付いています。
「もしかしたら?」という心理が働くため、抽せん日まで大切に保管して、当せん番号を確認する際に再度手に取ってもらえるでしょう。

理由3 お客さまを大切にしている気持ちが伝わる!

新年のごあいさつ状として届く「年賀はがき」のDMは、日頃の感謝を伝え、今後のお付き合いをお願いする良い機会になります。

理由4 顧客リストがなくてもエリア指定で送れるサービスがある!

「年賀タウンメール」なら町丁目単位やマンション単位※1 で「年賀はがき」を使ったDMが送れます。お店の近隣にオープンのお知らせをするのに最適です。

年賀タウンメールとは

ご指定いただいたエリア内で、元日に年賀状の配達がある世帯・事業所に、宛名の記載を省略した年賀はがきの DM を他の年賀状と一緒に配達するサービスです。

特長1 顧客リスト不要・配達エリアを自由に選べる!

特長2 予算に合わせて販促がうてる!

「年賀タウンメール」の利用は、年賀はがき代金以外の料金はかかりません※2。100通送っても、料金は5,200円※3。手軽に新年の販促にトライできます。

※1 30世帯以上のマンションからご指定いただけます。ただし、主に特別区・政令指定都市のある都道府県、その他の県は県庁所在地などが対象となります。対象エリアの詳細はお近くの郵便局にお尋ねください。
※2 印刷代などの諸経費は、お客さま負担となります。
※3 使用する年賀はがきの種類により、金額は異なります。

「年賀タウンメール」で新規顧客の獲得に成功したお客さまの実例

インパクト重視で、客数前年比121%を達成!

「年賀タウンメール」を、新年のごあいさつを兼ねた近隣エリアへのPRに利用した、イタリアーノ BACCO 店長の西出さんにお話を伺いました。

西出さん:顧客リストがなくても年賀状のDMが配布できる「年賀タウンメール」を利用しました。 お店の近隣エリアにチラシを配布しても、手ごたえが年々落ちており、新年のごあいさつ+DMという新しい方法を試してみたいと思い実施しました。
思い切った特典も功を奏して、今まで実施していたチラシよりも効果を感じました。「年賀状のDMは珍しくて印象に残った」とおっしゃるお客さまもいたので、今度はエリアを変えて実施してみたいです。

「年賀タウンメール」の利用概要
  • 配達エリア:  近隣エリア
  • 配達通数:   1,500通
  • 成果:     売上前年比110%/特典利用人数50名

※実例のはがき画像は、内国郵便約款などの理由により、一部加工している場合があります。
※「年賀タウンメール」を利用した特定の事例における参考数値です。

その他の成功事例も多数掲載中!詳しくは特設サイトからご覧ください。

詳しくは年賀特設サイト「郵便年賀.jp」の販促向けページ、または資料請求で!

▼画像クリックで年賀特設サイト「郵便年賀.jp」の販促向けページへ!

▼「年賀はがき」のDM、「年賀タウンメール」の詳しい資料は下記「資料請求フォーム」から!

(監修:日本郵便株式会社
(編集:創業手帳編集部)

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

創業手帳

カテゴリーから記事を探す