創業時のリスクは保険で解決しよう!

画像の説明(英語)

(2019/06/03更新)

企業を取り巻くリスクは多岐にわたっており、企業が法人保険に加入する目的は多種多様です。リスクへの支払いは、一時的に大きな支出を伴うことが多く、企業財務に大きな影響を及ぼす可能性があります。法人保険を活用し、企業財務への負担を軽減させ、計画的な資金準備を行うことで、企業が抱えるリスクを軽減し、安心して事業を継続することができます。

本文を読む

企業が抱えるリスクとは?

賠償責任のリスク

事業活動遂行中や仕事の結果に起因する事故等がありますが、特に他人の身体・財物に関わる事故を起こした場合、高額な損害賠償を求められる可能性があります。

借入金のリスク

借入を行う際に経営者個人が連帯保証するケースがあります。経営者の自宅に抵当権が設定された状態で経営者が死亡し、事業がうまくいかずに債務の返済ができない時には抵当権が実行されます。この場合、遺された家族への影響は計りしれません。

創業期の保険活用方法

創業期は、事業や技術等への強い想いがあります。この時期は、事業の成長や経営を軌道に乗せることばかりに意識が向きやすいため、リスクに対する備えが後回しになってしまうことが多いのが現状です。経営者に万が一のことがあった場合や突発的な資金ニーズが発生した場合等、企業存続の危機に直面する可能性が高いため、創業期の不安定な時期にこそ、万が一のことを考えてさまざまなリスクに備えることが必要です。

一般的に中小企業では、経営者個人のノウハウや人脈などといった経営資源に依存していることが多いため、経営者に万が一のことがあった場合、金融機関や取引先、従業員等に「信用不安」が広がり、資金繰りが悪化する恐れがあります。

具体的には、
「仕入れ先から現金決済を要求される」
「取引条件の変更を求められる」
「金融機関から追加融資を受けられなくなる」
「従業員が給与の支払いに不安を抱いて、優秀な従業員が退職する恐れがある」
等が予想され、こうしたことから資金繰りが悪化し、事業の継続に支障をきたすことも考えられます。このような際に必要となるのが事業保障資金であり、企業に起こりうるリスクに対応するための資金となります。経営者個人の影響力が大きい場合は、特に必要となる資金です。

また、企業が事業活動を行う際には、避けて通れないさまざまな賠償リスクが存在します。

事故の発生により企業が法律上の賠償責任を負担した場合に被る損害賠償金の額によっては、会社の経営を左右する多額の損失になることがあります。
賠償事故には、事業活動遂行中の事故、仕事の結果に起因する事故、施設・設備等に関連する事故等がありますが、特に他人の身体・財物に関わる事故を起こした場合、高額な損害賠償を求められる可能性があります。
また、損害賠償は、第三者からの請求が一般的ですが、事業活動に関係する株主や従業員等から請求されてしまう可能性もあります。

企業が事業活動を行う上で、どのような賠償リスクがあるのか、企業を取り巻くリスクを洗い出すことが重要です。そして、企業の賠償リスクについて、保有(受容)、軽減、および回避(中止)、事故が発生してしまった際の移転(保険)等を、事前に決めておく必要があります。

様々なリスクは「ほけんの窓口」法人営業課にお任せください

・法人保険専門の担当者による訪問相談
1,000社以上の相談実績
40社以上の保険商品から比較検討

お客様の声

自力で保険を探していたら、ここまで短時間で納得できる保険には辿り着けなかったと思います。
起業に伴い、弊社で加入できる保険を探すために、まず手はじめに相談だけ…という軽い気持ちで相談しました。希望条件をお話しすると、数種類の保険をご提案くださり、その場で加入申込みすることを決めました。もしも数多くの保険商品の中から自力で保険を探していたら、ここまで短時間で納得できる保険には辿り着けなかったと思います。知識豊富なライフパートナーが、親身になって相談に応じてくださった点も大変好感が持てました。
保険の種類の説明から弊社に合った保険の保障内容等、本当に沢山の提案をしていただき、とても勉強になりました。
起業のため、保険の加入を検討しておりました。初めての起業ということで、保険についても無知の状態での相談でしたが、担当者は最初から契約申込み時まで本当に親切に対応してくださいました。保険の種類の説明から弊社に合った保険の保障内容等、本当に沢山の提案をしていただき、とても勉強になりました。今回、本当に納得のいく保険に加入できたのも、担当者の方をはじめスタッフの皆さまのお陰だと思います。

相談の流れ

相談無料!まずはお気軽にご相談ください。

0120-917-796
10:00~17:30(平日のみ受付)

他にも、生命保険を活用して様々なリスクを解決します
事業資金の平準化
生命保険には万が一の場合の保障機能のほか、計画的に将来の資金需要に対応できる貯蓄性機能がある商品もあります。
役員・従業員への退職金の準備
役員・従業員の退職や充実したセカンドライフに向けての退職金準備の手段として、生命保険を活用することもできます。
BCP(事業継続計画)
災害は予測できません。事業継続のための緊急資金対策には生命保険を活用することもできます。

詳しい資料を創業手帳がお届けします

創業手帳でも、ほけんの窓口の資料を差し上げています。ご興味のある方は、ぜひ下記ボタンより資料請求してください!

(監修: ほけんの窓口グループ株式会社
(編集:創業手帳編集部)

この記事のコメント

この記事に関連するタグ

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す

創業手帳冊子版(無料)