創業手帳 編集部が実際にビザスクを利用してみた

創業手帳woman

ビザスクのサービスを実際に利用してみました

1

2015年3月。銀座から京橋にオフィスを移転した。
この機会に、「人材の獲得」や「仕事の生産性向上」につながるオフィスにしたい。
なるべくお金をかけずに……。
しかし、一体どこから手をつけたらいいのだろうか?

本文を読む

 

ビザスクっていうサービスがあるらしい…?

検索してみると、スペシャリストの知識を購入できるサービスがあるようだ。
スポットコンサル”のプラットフォーム、『ビザスク』だ。
さっそく登録してみた。登録は思ったより簡単で、わずか5分ほどで完了。
予算は1時間で5,000円。

『人の集まる良いオフィスの作り方を教えてください』

さて、何件応募がくるか楽しみだ。

2

 

コンサルタントさんが来てくれた!

…案件公募から1週間。
なんと4名ものコンサルタントさんから応募があった。
その中から、今回は株式会社シグマクシスの戦略コンサルティング 吉田 亮介 さんに依頼することにした。
吉田様修正
案件管理ページでやりとりを交わし、編集部オフィスまで足を運んでいただいた。

オフィスの改善ポイントは次の3つ。

・ストレスフリー
・社員の生産性向上
・人が集まる

これらの課題に対し、吉田さんは、自社オフィスの写真を見せながら、丁寧にアドバイスしてくれた。表情も真剣そのもの。
3

 

こんなアドバイスをもらった!

吉田さんは次のようなアドバイスをしてくれた。

・『入口は人を迎え入れる場所なので、もっと明るくされてはいかがですか?』
・『壁を黒板代わりにしてはどうでしょう?』
・『ホワイトボードを使って仕切った「少人数制の会議室」を作ってみては?』
・『社員が使用するPCを全て統一されてはどうでしょう?』

…などなど、次々出るアドバイス。さすがコンサルタント!
思わずメモする手にも力が入る。

さっそくアドバイスを実行。
見ちがえるほど印象が変わったのがおわかりいただけるだろうか。

Before
4

After
5

 

オフィスに活気が生まれた!

今回初めてビザスクを利用してみた感想は、スムーズかつ安価で専門家に依頼ができ、とても便利ということ。
なかでも、専門家の知識が時間単位で購入できるところが最大の魅力だ。

普通、人に相談するといっても、どこの誰に相談したらいいかわからないことが多い。
しかしビザスクでは、依頼者の「困った」をマッチングによって解決してくれる。
専門家から直接話が聞けるなんて、今までは考えられなかったことだ。
やることがたくさんある創業企業にとっては、まさにうってつけのサービスと言えそうだ。

※今回は取材のため、許可を頂いて氏名・写真の公開をしております。

DSC_0195

(創業手帳編集部)

 

この記事のタグ:, ,
創業手帳woman

カテゴリーから記事を探す