髪型とは

顧客の開拓や支援者を得ることが必要な創業期の起業家には、「信頼を得る」テクニックや心掛けが必要であるが、その為には「第一印象」が大きな意味を持つ。

UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の心理学者アルバート・メラビアン(Albert Mehrabian)教授の『 Silent messages(邦題:非言語コミュニケーション)』に関する調査では、人が他者から受ける「印象」の材料として、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合であるとしている。これは、「言語情報=Verbal」「聴覚情報=Vocal」「視覚情報=Visual」の頭文字を取って「3Vの法則」とも呼ばれる。

視覚情報には、服装や身振り手振り、顔立ちや表情等の構成要素があるが、特に外見に大きな影響を与える要素として「髪型」がある。世の中には様々な「髪型」が存在するが、複数の調査から、「おでこ」を出す事が知性や信頼感を醸し出す事が知られている。その為には「短髪」「スポーツ刈り」等である事が必要である(男性の場合)。一部の芸術性を醸し出す必要がある場合を除いては、創業者は「短髪」が無難なのかもしれない。

ちなみに、「スポーツ刈り」が難しい女性の場合であるが、長髪でおでこだけを出している場合の効果については、まだ検証データが見当たらず、引き続き調査が必要である。

「髪型」に関連する記事一覧

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料