銀行届出印とは

届出印とは金融経済用語では、預金・取引に分類され、銀行・証券会社等の金融機関で口座開設をする際に押印する印鑑の事を言う。また、一部では、印鑑の代替として、署名(サイン)で対応する場合も存在する。

その他、届出印は、企業、個人に関係なく誰でも持ち合わせている事が一般的であり、その種類も多種多様である。

その為、不正や悪用に用いられる事も良くあり、自己管理の徹底は必須となっている。特に先に記述したように金融関係においては、不正悪用のリスクが高まり、各金融機関ともに取扱いには重点を置き、届出印には印鑑証明の提出を求める機関もある。

海外に目を向けると、この届出印をサインで済ませる事もあるようである。理由としては筆跡を重視しており、筆跡は個人の特徴が出る為、不正されにくいメリットがあるからである。

「銀行届出印」に関連する記事一覧

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料