貸借対照表とは

貸借対照表とは、企業のお金の流れを把握する諸表で、企業の一定期間での資産、負債、純資産の状況を示した財務諸表を意味する。具体的には、【どのようにお金を集めてきたか】と【どのようにお金を使ってきたか】等の財政状態を示すものである。バランスシート、BSと呼ばれる。

この貸借対照表は表上では、大きく資産と総資本で分かれている。資産には、流動資産と固定資産があり、総資本には、流動負債と固定負債と資本がある。

また、貸借対照表を見る事でその企業の財務状況を知る事が出来る為、株式投資家は、この諸表からその企業の将来性を見極めながら株式を購入するかどうかを決めている。

なお、企業の重要諸表として、貸借対照表と損益計算書があり、一般的にはこの2種類は経営における重要な資料として扱われている。

「貸借対照表」に関連する記事一覧

接待交際費とは。経費で損金算入できるルールは絶対に知っておくべき!

ベンチャー・中小企業が交際費を損金算入できるルールのまとめ (2014/12/19更新) 交際費は経費と認められれば、損金算入することができ、結果として節税の効...続きを読む

青色申告と白色申告の違い、それぞれのメリット・デメリットとは。

青色承認申請書を提出しメリットを最大限に享受しよう! 個人事業者であれ、法人であれ、事業を行う以上は避けて通れないのが「確定申告」だ。...続きを読む

負債なのに負債じゃない資本性劣後ローンとは?

資本性劣後ローンで資金調達に挑戦しよう! 挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)|日本政策金融公庫 (2015/02/23更新)...続きを読む

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料