秘密保持契約書とは

秘密保持契約とは、取引において危機管理を徹底する事に用いる契約書を言う。
別名をNDAと表現する場合が多い。

この秘密保持契約書を締結する事で取引において起こり得る情報及び機密の漏洩を、
法的効力を用いながら管理する事が出来る。
主に雇用契約書の不随締結、M&A、デューデリジェンスで特に用いられる事が多い。

秘密保持契約書は課税文書に該当しない為、印紙貼付は不要とされている。
ただし、業務委託契約書に補填する形式で締結する場合は、業務委託契約書が課税文書である為に、印紙貼付が必要となる場合もある。

「秘密保持契約書」に関連する記事一覧

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料