飲食開業手帳

減価償却とは

減価償却とは、企業が所有する資産が、経過とともに、財としての価値が減り、また、それを減少した内容で費用に計上し、将来的に新しいものと取り替える場合に備える、会計手続きを言います。

飲食店では、店舗運営には、設備や器物など初期投資が必要ですが、初期投資を抑えるために、リース契約することが多くあります。その際の、設備や器物の固定資産のコストは原価償却費として会計上、計上します。この計上の方法を各年度ごとに経費として計上することを減価償却と言います。

減価償却費として計上した額は実際には支出を伴わないため、資金繰り上は、プラス要因となります。

[飲食店の開業手帳] はこちら

「減価償却」に関連する記事一覧

青色申告と白色申告の違い、それぞれのメリット・デメリットとは。

青色承認申請書を提出しメリットを最大限に享受しよう! 個人事業者であれ、法人であれ、事業を行う以上は避けて通れないのが「確定申告」だ。...続きを読む

オフィスチェアが変われば会社が儲かる?!社員のモチベーションを上げるオフィス家具

なぜ、あの社長はオフィスチェアにお金をかけるのか? 新しいオフィスを構えるとなると、「おしゃれなデスクを置きたい!」「素敵な椅子を!」「小洒落たキャビネットを!...続きを読む

知らなきゃ損する減価償却:ベンチャーが資産を経費化できる3つの特例

減価償却資産と経費の境界線を知って上手に節税する ボーダレス。。。なんていい言葉だ。「境界線」と聞くと条件反射で「無い方が良くない?」という風に、現代人は「境界...続きを読む

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料