業務委託契約書とは

業務委託契約書とは業務委託契約をするにあたり、双方合意の上で、取り交わす契約書である。

多くの契約及び契約書は民法で定義されているが厳密には業務委託契約書は民法上、定義は存在していない。よって、業務委託契約書を締結において重要な事は、業務範囲を明確にする事である。

業務委託契約書は原則的に署名及び捺印で法的効果を伴うが一定の条件が揃っていれば口頭でも契約が成立する点に気を付ける必要がある。

内容の記載事項としては、業務内容・費用・契約期間・報告義務・確認方法・成果物が有形の場合はその権利(著作権等)・経費の負担義務・契約更新と解除の定義と方法が必要事項である。

「業務委託契約書」に関連する記事一覧

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料