新創業融資制度とは

新創業融資制度は日本政策金融公庫・国民生活事業の各融資制度を無担保・無保証人で利用できる特例措置である。
創業前または創業後税務申告を終えていない方については自己資金が創業資金の10%以上あることが条件となる。
事業が雇用創出、地域活性を見込めること、または、対象事業と同じ業種での実務経験が要件となるが、本制度の貸付残高が300万円以内の女性はこの要件が撤廃される。

「新創業融資制度」に関連する記事一覧

1%未満の低金利が魅力!制度融資で資金調達する

制度融資の概要とメリット・デメリットを知って起業時の資金調達に活用しよう 平成27年度から各地で 制度融資が拡充!! 詳しくはこちら  ▶愛知県 ▶岐阜県 (そ...続きを読む

新創業融資制度で資金調達するメリット・デメリット

日本政策金融公庫の新創業融資制度は最もメジャーな起業資金調達方法。制度の特長とメリット・デメリットをまとめました。 (2014/12/11更新) 独立・開業直後...続きを読む

低金利・無担保無保証枠・自己資金要件なし!中小企業経営力強化資金で融資を受ける

中小企業経営力強化資金の特長と融資を受けるときに知っておきたい注意点まとめ 起業・開業時の資金調達方法で一番メジャーなのが公的創業融資を利用することだ。中でも日...続きを読む

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料