飲食開業手帳

損益計算書とは

事業を運営する組織などが、一定期間における項目別のキャッシュインとキャッシュアウトをそれぞれ表示し、その期の純損益がわかるようにまとめた表を損益計算書と言います。

飲食業においての損益計算書とは、予め定めた、ある一定期間のその店舗(企業)の収益や費用および特別損益などを1つの表にまとめたものです。

また、一定期間の店舗(企業)の営業成績と会計期末の未処分利益を示したものです。

[飲食店の開業手帳] はこちら

「損益計算書」に関連する記事一覧

接待交際費とは。経費で損金算入できるルールは絶対に知っておくべき!

ベンチャー・中小企業が交際費を損金算入できるルールのまとめ (2014/12/19更新) 交際費は経費と認められれば、損金算入することができ、結果として節税の効...続きを読む

青色申告と白色申告の違い、それぞれのメリット・デメリットとは。

青色承認申請書を提出しメリットを最大限に享受しよう! 個人事業者であれ、法人であれ、事業を行う以上は避けて通れないのが「確定申告」だ。...続きを読む

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料