商標権とは

商標権とは、自社の商品やサービスに、他者と区別するための標識となるもの(商標)を排他的に使える権利。

商品名などを他者に使われないようにすることで、出所を表示し、他者の商品と区別し、品質を保証し、宣伝効果を持たせる機能がある。特許権や著作権のような知的財産権の一種で、権利を取得するためには登録が必要。

単に商品の名前に限らず様々な物が登録可能で、ロゴなどの図形や、立体的な形のほか、最近の改正でさらに拡大され、音や色彩の組み合わせ、ホログラムなども登録可能となった。ただし、排他性があるのは特定の商品・役務のジャンル内に限られる。

先に登録した物が権利を有するので、先に使われていないかをインターネット上のデータベースで検索できるが、出願から公開まではタイムラグがある。

「商標権」に関連する記事一覧

はじめての海外進出を考えたらジェトロ(JETRO)へ行こう!(海外投資編)

ジェトロ(JETRO)を活用して海外投資をする 従来、比較的資金にゆとりのある企業や大企業など、限られた企業が海外に参入するケースが目立ったが、安倍政権の打ち出...続きを読む

『下町ロケット』の弁護士に聞く起業家が知っておくべき商標・特許のキホン

内田・鮫島法律事務所 鮫島正洋 弁護士インタビュー 優秀な技術を持った中小・ベンチャー企業が数多く存在するが、多くは特許・商標を有効に生かせず大手に対して不利な...続きを読む

商標権の取得方法を知っていますか?

起業家のための商標権入門(2) 起業して間もない創業直後のスタートアップベンチャーでは、特許や商標関連の専門家が社内に居ないのが普通だろう。しかし、企業成長ステ...続きを読む

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料