制度融資とは

制度融資は中小企業または組合に対し地方自治体が自身の資金を預託した金融機関の融資の紹介を行い、信用保証料や利率を補助することで融資を受けやすくして、利用者の負担軽減を図る制度である。この制度において利用できる融資は地方自治体により異なる。
融資を受けるには信用保証協会の保証が必要となる。
手続きは、事業所(住居)の所在地がある地方自治体の窓口に相談し、紹介状を受け取った後、金融機関で融資を受ける流れとなる。

「制度融資」に関連する記事一覧

【保存版】起業の資金調達方法メリット・デメリット総まとめ

メリット・デメリットを見極めて、自分にあった資金調達方法を選ぼう! (2016/11/09更新) 起業するためにはお金が必要だ。主な資金調達方法を分類すると、出...続きを読む

1%未満の低金利が魅力!制度融資で資金調達する

制度融資の概要とメリット・デメリットを知って起業時の資金調達に活用しよう 平成27年度から各地で 制度融資が拡充!! 詳しくはこちら  ▶愛知県 ▶岐阜県 (そ...続きを読む

新創業融資制度で資金調達するメリット・デメリット

日本政策金融公庫の新創業融資制度は最もメジャーな起業資金調達方法。制度の特長とメリット・デメリットをまとめました。 (2014/12/11更新) 独立・開業直後...続きを読む

【実録】 飲食店開業に向けた融資奮闘記

制度融資で1度審査に落ちたら飲食店開業を諦める!? いやっ、専門家のアドバイスで最適な制度を選べば、融資は受けられる 飲食店を開業するにあたって、制度融資は利用...続きを読む

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料