債権回収とは

ベンチャーの債権回収3原則 → 債権回収は「早く」「舐めず」「(債務者に)舐められず」

概要

債権回収(さいけんかいしゅう)」とは、商品やサービスの代金、貸したお金などの債権を債務者から回収することをいう。

創業・起業における「債権回収

債権には時効があり、一定期間放置すると権利を失ってしまうことがある。債権を回収できない場合、創業期のベンチャー企業は資金繰りに大きな狂いが出る可能性が高いので、期限が過ぎても入金されないような場合は、早めの対応がオススメである。

債権回収の基本的なステップ

数字が大きいステップほど債権回収の可能性が低い、いわゆる「ヤバイ」状態である
(1)話し合い・電話・メール・請求書の再送等による督促をおこなう。
(2)内容証明郵便で督促状を送付する
(3)裁判所を通じた保全手続きをおこなう
(4)訴訟提起等の裁判手続きをおこなう
(5)判決等に基づく強制執行をおこなう

「債権回収」に関連する記事一覧

負債なのに負債じゃない資本性劣後ローンとは?

資本性劣後ローンで資金調達に挑戦しよう! 挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)|日本政策金融公庫 (2015/02/23更新)...続きを読む

債権回収の話をしよう!田中弁護士の白熱回収教室(4)

第4回:弁護士に債権回収の法的手続きを依頼する前に押さえておくべきポイント 前回は、内容証明郵便の請求書に記載すべき内容を説明したが、内容証明郵便を送っても取引...続きを読む

債権回収の話をしよう!田中弁護士の白熱回収教室(2)

第2回:「チョイヤバ」な債権回収は内容証明郵便で!内容証明郵便の基本を理解する 今回は、ちょっとヤバイ(チョイヤバ)な状態になった債権回収について講義する。 前...続きを読む

債権回収の話をしよう!田中弁護士の白熱回収教室(1)

第1回:早期の督促対応が債権回収の可能性を高める 「来週には支払うからさ~」と取引先の社長。 「〇〇ちゃんと俺の仲じゃない!」という調子のよい言葉につい気をゆる...続きを読む

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料