人事考課制度とは

人事考課制度は企業が組織の価値を向上させるべく、従業員の能力やモチベーションを維持向上を目的として制度化された仕組みである。人事考課制度を通して、従業員同士の不公平感をなくし、また、定期的に評価する仕組みを体系的に持つ事で、組織や従業員個々人の成果を促す効果がある。

また、一般的には職制・職級ごとの役割・責任・権限・期待値を明確化し、半期ごとの全社の 目標を達成させるために、組織・個人の目標を設定し、その達成度・貢献度に より評価(業績賞与査定/職級改定・給与改定)を行うものとされている。

近年ではMBOと呼ばれる目標管理制度を導入する企業が大半を占めているのも特徴である。

「人事考課制度」に関連する記事一覧

人事考課制度を上手につくる8つのポイント(1) -何を評価すればよいのか?

人事考課制度は「成果の実現度」「発揮能力」「服務態度」を評価して、社員のモチベーションをアップさせよう (2015/2/10更新) 人事考課については、下記記事...続きを読む

人事考課制度を上手につくる8つのポイント(2) -どのように評価すればよいのか?

人事評価・査定とフィードバックはセットで!”やりっぱなし”に注意しよう (2015/2/10更新) 【前回】人事考課制度を上手につくる8...続きを読む

人事考課制度を上手につくる8つのポイント(3) -評価結果をどう反映するか?

人事考課の結果をうまく反映できる昇格・昇給制度、降格・降給制度をつくる...続きを読む

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料