飲食開業手帳

限界効用逓減の法則とは

飲食業において、限界効用逓減の法則とは、たとえば、飲食店のオーナーが、月商50万円を100万円にするにはどうしたら良いでしょう。

この場合、考えられることは、労働量を増やすことや新しい店舗を増やすなど、いくつか方法がありますが、全てにコストや労力が発生します。

つまり、現状の運営では、どれだけ最大限効率化しても、必ず』限界点』があります。これを限界効用逓減の法則と言います。

物理的な店舗空間では効率化を進めていくと、ある地点を境に効率が落ちてしまいます。

[飲食店の開業手帳] はこちら

「限界効用逓減の法則」に関連する記事一覧

このタグに関連する記事はありません。

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料