飲食開業手帳

歩留まりとは

飲食業においての、歩留まりとは、売上を予測した仕入れ量と、実際に料理としてお客様へ提供した量の比率を意味します。

歩留まりの率が高ければ、それだけ、食材ロスとなり、お店の経営に大きなインパクトを与えるため、いかに歩留まり率を下げるか、売上予測を正確に行うことが重要です。

[飲食店の開業手帳] はこちら

「歩留まり」に関連する記事一覧

このタグに関連する記事はありません。

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料