飲食開業手帳

最終仕入原価法とは

飲食業において、最終仕入原価法とは、棚卸資産の評価、費用化の方法のひとつです。

評価費用化の時点ごとに直前に仕入れた棚卸資産の単価を活用して、原価の計算や棚卸資産の評価を行う方法です。

最終取得原価法と呼ばれることもあります。

[飲食店の開業手帳] はこちら

「最終仕入原価法」に関連する記事一覧

このタグに関連する記事はありません。

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料