飲食開業手帳

建設協力金方式とは

建設協力金方式とは、フランチャイズ展開の際に、採用される仕組みです。

土地を所有する地主が店舗運営するのではなく、その土地を利用して店舗運営したいテナントと建設に掛かる費用を出し合い、テナントの要望に沿った店舗を建設して、協力して店舗運営を行うことです。

[飲食店の開業手帳] はこちら

「建設協力金方式」に関連する記事一覧

このタグに関連する記事はありません。

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料