飲食開業手帳

小売の輪とは

飲食業において、小売の輪とは、飲食店同士で様々な観点で競争を高め、その結果、業界全体のレベルが高くなることを意味します。

たとえば、A、B、Cという既存する飲食店があり、そこにDという飲食店が新規参入し、格安で展開する事により、メニューの価格競争と『どのようにすれば安くメニュー可できるか?』などの技術競争に繋がります。

また、展開するそれぞれのメーカーがより良いメニュー開発を行うことで、自店を成長に繋げる技術やメニューの価格競争のことを指し示します。

[飲食店の開業手帳] はこちら

「小売の輪」に関連する記事一覧

このタグに関連する記事はありません。

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料