飲食開業手帳

売上高賃料比率とは

飲食業において、売上高賃料比率とは、飲食店の売上高に占めるテナント料などの賃料の割合を意味します。目安として、売上高賃料比率は、10%前後が適正とされています。

売上高賃料比率は、店舗の内装や外装にこだわったり、または、立地の良いエリアの場合は、比率が上がるため、利益率を上げるためには、食材や人件費を抑える必要があります。

[飲食店の開業手帳] はこちら

「売上高賃料比率」に関連する記事一覧

このタグに関連する記事はありません。

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料