飲食開業手帳

デッドストックとは

デッドストックとは、飲食店において、売上を予測し仕入れた食材が、使用期限が過ぎたり、メニュー改定により使用不良在庫、売れ残り品の状態を言います。

直訳すると不良在庫や売れ残り品となります。デッドストックが多くなると、食材ロスに直結して赤字となる場合があるため、計画的な仕入れと計画的な調理が必要となります。

また、デッドストックは環境資源にも悪影響となるため、飲食店の経営者は、高い意識が必要です。

[飲食店の開業手帳] はこちら

「デッドストック」に関連する記事一覧

このタグに関連する記事はありません。

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料