飲食開業手帳

サービス最小律の法則とは

飲食業において、サービス最小律の法則とは、店舗で働くスタッフの中で、サービス提供の質において、最もレベルの低いスタッフのお客様評価が、その店舗の評価になるということを指す用語です。

そのため、この法則に則り、サービスレベルの底上げを行うことで、飲食業の店舗の評価の底上げに繋がることになります。

[飲食店の開業手帳] はこちら

「サービス最小律の法則」に関連する記事一覧

このタグに関連する記事はありません。

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料