飲食開業手帳

コスト・プラス方式とは

飲食業において、コスト・プラス方式とは、原価補償主義のメニューなどの価格の決定方式を意味します。コストプラスと略して呼ぶこともあります。

飲食店ごとに、許容される実際原価に、一定の利益を加算して価格を決める原価加算方式がコスト・プラス方式に近い意味を持ちます。

飲食店と問屋間の取り引きでもよく見られます。

[飲食店の開業手帳] はこちら

「コスト・プラス方式」に関連する記事一覧

このタグに関連する記事はありません。

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料