【速報】本日昼11/4に受付開始!「小規模事業者持続化補助金」

資金調達手帳

checver.2

ニュースの概要
  • 第2次補正予算「小規模事業者持続化補助金」の公募がスタート
  • 一般型の補助上限額は50万円、特定の条件は上限100万円
  • 今回の予算規模は前回より20億円増額され120億円
  • ITを活用した取組みを実施する事業者を集中的に支援

平成28年度第2次補正予算の「小規模事業者持続化補助金」の公募が11月4日にはじまりました。

小規模事業者が、商工会・商工会議所の支援を受けて、経営計画書・補助事業計画書を作成提出し、審査を受けて採択されれば、
その計画に沿って取り組む販路開拓等の経費の一部が補助されるものです。

一般型の補助上限額は50万円で、賃上げ・雇用対策・海外展開・買物弱者対策等の特定の条件に該当する場合は上限が100万円となります。また、今回の公募では災害の影響を受けた事業者については補助金上限を増額した別枠の補助金が用意されています。

審査は加点審査であり、総合的な評価が高いものから順に採択がされることになっています。
採択率等は公表されていませんが、前回の5月締切の公募では、感覚的に30%~50%程度かなと言われておりました。

今回の予算規模は前回より20億円増額され120億円となっていますので、より多くの事業者にチャンスがありそうです。

なお今回は、ITを活用した取組みを実施する事業者を集中的に支援することとなっておりますので、事業計画にはその旨をぜひ盛り込んで頂くとよいと思います。

一般型の締め切りは平成29年1月27日となっていますので、今から準備をはじめ、ぜひ補助金を最大限に活用しましょう。

詳細については、下記の商工会・商工会議所の案内ページより公募要領を入手して確認ください。

○全国商工会連合会HP
http://www.shokokai.or.jp

○日本商工会議所小規模事業者持続化補助金事務局HP
http://h28.jizokukahojokin.info/
(記事提供:税理士・中小企業診断士 税理士法人ハガックス 代表社員 芳賀保則 )

他、創業手帳の創業ガイダンスも活用ください。
http://sogyotecho.jp/consulting/

資金調達手帳

カテゴリーから記事を探す