【2/20開催速報】優勝賞金100万円!みんなの夢アワード7グランプリは「栄養ケアステーション麻植有希子さん」

創業手帳

創業手帳編集部が速報レポートをお届け!

(2017/02/20更新)

これから起業をしようとする方はもちろん、すでに創業後の事業者も参加できる「みんなの夢AWARD」。2017年2月20日開催の第7回となる今回も、熱い「夢」を持った方々が勢揃い!創業手帳編集部が速報レポートします!

本文を読む

みんなの夢アワードとは?

「みんなの夢AWARD」とは、みんなをワクワクさせ、みんなに夢を与えるすてきな夢に贈られるAWARD。ワタミグループ創業者の渡邉美樹氏が理事を務める「公益財団法人みんなの夢をかなえる会」が主催しています。

日本一の夢「みんなの夢AWARDグランプリ」に選ばれたプレゼンターには100万円の夢支度金とユヌス7原則に沿ったソーシャルビジネスに最大2,000万円の出資交渉権を授与。

さらにラストプレゼンテーション後、その内容に賛同する協賛企業が「夢への支援」を示すプラカードを提示し、その後も経営支援を行なうなどの機会が提供されています。

ファイナリストはこの7名!

ファイナリストには、学生の方も2人いました。
トップバッターとしてプレゼンしていたのは、筑波大学在学中の木村さん。
スポーツで世界を繋ぐ経営者になりたいということで、在学しながら事業を運営しているとのこと。

良かったスピーチには、協賛企業から札があがる!

スピーチが終わった後は、客席にいる協賛企業から札があがります。
1社しか上がらないこともあれば、10社以上の札があがることも。
協賛企業は、シビアにビジネスの実現性を見ています。

その後、客席から「ピンク色の紙」で、応援したい企業にエールを送る時間も設けられています。ピンクが綺麗です。

栄えあるグランプリは…

さて、みんなの夢アワード7、グランプリ&ソーシャルビジネス賞ダブル受賞したのは……
高齢者を救うPPK食を広めたいという夢を持つ、
「栄養ケアステーション麻植有希子さん」でした!!

(編集:創業手帳編集部)

この記事に関連する記事

創業手帳

カテゴリーから記事を探す