ホーム > 教えて先生!Q&A > ウェブサイト上の契約ってどれくらい効力がある?
法律・労務

ウェブサイト上の契約ってどれくらい効力がある?

ウェブ上で提供するサービスを取り扱っています。最近は契約書をウェブ上で取り交わすサイトも増えてきましたが、ウェブ上の契約は効力があるのでしょうか?

この質問に答える専門家:鈴木謙吾法律事務所・弁護士 鈴木謙吾
中小企業法務を専門とし、約40社の中小企業の顧問弁護士を務め、IT、ベンチャー企業にも強い

suzukikengo (620x413)

ウェブ上の契約は書面上の契約と原則同じ効力がありますが、いくつかの注意点があります。
その中のひとつとして、本人確認が取れないという点です。ウェブ上の契約書に「同意する」ボタンを押したとしてもボタンを押したのが本人かは確認できないということです。
もし、仮に本人以外がボタンを押した場合は契約が無効になり、ボタンを押した人は「無権代理(代理の権限がないのに代理を行う)」の法的解釈でしか責任がおよびません。

それ以外の注意点については経済産業省の「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」が参考になると思います。
ただし、これはあくまでも経済産業省の考えで、裁判所の決定とは異なる場合が「100%ないとは言えない」ことには注意しておきましょう。

スピードが求められる昨今のビジネス取引の状況を考えるとウェブ上での契約今後ますます増えてくるでしょう。注意事項を十分把握してウェブサイト上での契約を行うことをおすすめします。

もっと詳しく知りたい方へ

起業・ビジネスに必要な知識を網羅した創業手帳冊子版完全無料でお届けしております。

送付依頼お申込みフォーム

STEP1
創業手帳とご希望の特典や資料にチェックを入れてください必須
※ご希望のツールはすべて無料でお届けいたします。

STEP2

必要事項をご記入ください

法人格必須

会社名(※起業予定の方は未定、個人の方は個人とご記入ください。)必須
郵便番号(半角数字)必須
都道府県必須

市区郡町村必須
番地(建物名等)必須

役職必須
お名前必須
お名前 (ふりがな)必須
電話必須
メールアドレス(半角英数字)必須
業種(※起業予定の方は予定の業種)必須

業種(詳細な事業内容、又は前問で「その他」を選択した方)
会社設立日(※起業予定の方は設立予定日)必須

従業員数(※起業予定の方は起業予定時の従業員数)必須

創業コンサルティング(無料)必須
※創業コンサルティングとは、創業手帳のアドバイザーが個別であなたのお悩みをお伺いする完全無料の個別相談です。特に創業融資などの資金調達、補助金、助成金についてや税務や労務、会社を立ち上げる際に必要最低限な知識やノウハウをお伝えします。

創業にあたりお悩みがあればご記入ください
STEP3

ここからはアンケート項目になります

1. 探している専門家・興味のあるサービス

2.「創業手帳」を知った経緯

3. 創業手帳を知った経緯 (前問で「その他」を選択した方のみ)
4. 創業手帳の利用目的
5. その他、コメントやご意見等がございましたらお聞かせ下さい
※複数冊の送付をご希望されるされる場合は必要な冊数をコメント欄にご記入ください
referrer
  • ご送付には「プライバシーポリシー(http://sogyotecho.jp/privacy_policy/)」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • 在庫、利用目的によりお送りできないケースがございますので、あらかじめご了承ください。
  • 創業手帳編集部より到着確認やアンケートのご連絡をすることがあります。

※1 こちらのタブレットプレゼントキャンペーンは、フォームへのチェックおよび楽天ペイお申込みをもって応募となります。また、当選者の発表は、賞品の発送をもって当選発表にかえさせていただきます。
※2 こちらにチェックをしていただいた方には、ソニー生命よりご連絡をさせて頂く可能性があることをご了承ください。
※3 こちらの1ヶ月無料キャンペーンは、フォームへのチェックをもって応募となります。また、当選者には「スマイル スマイル ボックスコールセンター」よりお電話いたします。
※4 こちらの資料は飲食業の方にのみお送りいたします。