Web制作代行業の開業手帳

  • ここ最近インターネットの普及により、ホームページの需要も増えてきています。
    社会環境の多様化や高度化がその背景にあります。
    さらにホームページ作成についても新しい技術が登場してきており、企業側もホームページ作成を外部業者に依頼するところも多くなっています。
  • このように急成長しているWeb市場に対して、企業や個人が新規参入をするケースも増えてきており競争も激化しています。
    またWeb関係の技術革新も急速に進んでいます。
    そのため開業する際は、どの分野に精通しているのかよく踏まえておく必要があります。

1.開業に必要な手続き

開業する際は、特に許認可などは必要ありません。
しかし著作権といった法律関係の知識が必要になります。
開業した後の様々なトラブルなどを回避するためにも、法律関係の知識を身につけておいてください。

2.開業にあたっての留意点・準備

営業形態

営業形態ですが、Web制作を専門にするのか、または関連サービス業と兼業するのかその形態によっても変わってきます。
現在は本業におけるサービスの一環、または印刷業やデザイン業と兼業するケースも増えています。

軌道に乗せるためには他業種の新規参入企業、その中でもデザイン業、印刷業、そして情報関連サービス業、広告関連業などの動向をいち早く把握しておき、自分の営業スタンスを確立する必要があります。

経営上の留意点

この業種は大手または異業種の参入が多いことから、個人開業の場合は独自の技術や人脈によって、大手企業と異なる分野を新規開拓していくことが大切です。

一例として将来増えてくると見込まれる個人需要、またはWeb利用がまだ進んでいない中小企業などに向けた営業戦略などが効果があります。

自らの顧客である企業の需要をより早く察知し、今後の営業戦略に摂り入れていく必要があります。
また企業経営に役立つホームページ作成能力も求められてきます。
注文を受ける時は、顧客企業の要望を確実に果たせるのか十分検討してください。

Webサイトの開発というのは、企画、設計、制作、運用の過程に分類できます。
その中で企画やデザインの制作であれば、個人でも可能です。
しかしそれ以上の分野、例えばホームページ作成、運用、さらにメンテナンスなどになれば専門の人材も必要になってきます。
そのため、協力して連携できるネットワークの構築が必要になります。

著作権に対する留意点

Webサイト、プログラム、またデータベースについては著作物として認定されます。
そのため複製権や私的使用についての事項など、様々な制約事項に気をつけてください。

3.必要資金例

準備中

4.ビジネスプラン策定例

準備中

5.入っておくべき保険

準備中

6.必要になる契約書

準備中

開業に精通した専門家をご紹介します

下記フォームからご希望内容を入力の上、送信ボタンを押してご依頼・お問い合わせください。 ※紹介料は一切発生しません。
お名前必須
お名前(ふりがな)必須
メールアドレス必須
電話(ご連絡のつく番号)必須
会社名・屋号(任意)
※起業前の方は未定とご記入ください。
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村必須
番地(建物名等)(任意)
ご相談種類 必須

ご紹介依頼・ご相談内容詳細必須
referrer
  • ご依頼にあたっては「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご依頼内容によってはご希望に添えないケースもございますのであらかじめご了承ください。

IT関連に関するお店ごとの開業手帳