飲食開業手帳

うどん店の開業手帳

  • うどん店は個人経営をする人が多くなっていますが、最近はチェーン店などの形態も進んでいます。

    お店の中にはセルフサービス形態のところも多く、内装については差ほど重要視していないところも目立っていましたが、チェーン展開を行っている店舗では顧客獲得の為に、内装やメニューに工夫を凝らしているお店が増えています。

  • 市場規模は全体的に堅調ですが、以前の個人経営店では厳しい状況下にあります。その為、多様化する顧客ニーズに対応した戦力を行う必要があります。競合他店に打ち勝てるオリジナリティ豊かなお店づくりが求められています。

1.開業に必要な手続き

飲食店を開業するためには、いくつかの届出が必要になります。

食品衛生法と食品衛生責任者

店舗所轄の保健所の食品衛生課に営業許可の申請を行う必要があります。食品衛生法の規定では各店舗に、食品衛生責 任者を1人置く必要があります。

食品衛生責任者は、調理師、栄養士、製菓衛生師などの資格が必要で、資格者不在の場合は、保健所が行っている食品衛生責任者講習会を受講すれば資格取得も可能です。

税務及び社会保険関係について

通常の開業手続きですが、個人の場合は税務署へ開業手続き、また、法人の場合はそれぞれの事情により、健康保険・厚生年金関係は社会保険事務所へ、雇用保険関係はハローワーク、また、労災保険関係は労働基準監督署、そして、税金関連は所轄税務署、または、税務事務所に申請を行う。

深夜酒類提供飲食店営業の届出について

深夜の時間(午前0時から日の出前)に酒類販売を行う場合は、公安委員会に対して、「深夜酒類提供飲食店営業」を届出る事になります。

また、不明な点は地域の警察署・保安係に問い合わせとなります。

2.開業にあたっての留意点・準備

営業形態

専門店型、兼業店型、ファーストフード店型に分類されます。

特徴

うどんのみに限定して味で勝負する老舗タイプ、大衆用に丼メニューを揃えた大衆店、低価格と早さを売りにするタイプになります。

ターゲット

毎日食事をとる人を目的にしています。その他、近隣住民、また、間食や比較的短時間での食事が多い人などが対象になります。

立地条件など

味で評判になれば立地はあまり関係ありませんが、近くに商店街や繁華街、また、住宅地などがなければと厳しい面もあります。また、駅前や構内、オフィス街といった人通りが多い場所に適しています。

メニュー

つゆや麺に対してのこだわりの他に、オリジナルメニューも必要です。他店にない具材で勝負し、季節ごとの旬の素材を使用したメニューを展開するのも良いでしょう。

また、女性客用に低カロリースープを使用したメニューや、健康に良いメニューの開発など工夫も必要です。

営業時間

売上を見込める昼食の時間帯が売上増の大きな要素になります。しかし、昼間だけでなく、夜の時間帯も展開していくことが大切です。ディナーやお酒など、各時間帯に合わせたメニューを揃えて下さい。

経費について

うどん店は一般的に単価も低くなっています。その為、うどんの質を落とすことなく利益を確保する為には、リピーター客を多く集めることも大切です。

また、スタッフの教育、営業時間の短縮、更に食材のコストダウンも重要になります。

出前

ある程度の顧客が見込まれる際は出前も検討してみて下さい。大きな利益に繋がることもあります。

3.必要資金例

準備中

4.ビジネスプラン策定例

準備中

5.入っておくべき保険

準備中

6.必要になる契約書

準備中

開業に精通した専門家をご紹介します

下記フォームからご希望内容を入力の上、送信ボタンを押してご依頼・お問い合わせください。 ※紹介料は一切発生しません。
お名前必須
お名前(ふりがな)必須
メールアドレス必須
電話(ご連絡のつく番号)必須
会社名・屋号(任意)
※起業前の方は未定とご記入ください。
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村必須
番地(建物名等)(任意)
会社設立日(任意)

ご相談種類 必須

ご紹介依頼・ご相談内容詳細必須
referrer
  • ご依頼にあたっては「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご依頼内容によってはご希望に添えないケースもございますのであらかじめご了承ください。

飲食店に関するお店ごとの開業手帳