テクニカルライターの開業手帳

  • 以前テクニカルライターは、マニュアルライターのことを言っていました。
    ソフトウェアハウス、またメーカーのマニュアルは、以前は設計者や技術者たちが専門用語を交えて作成していたこともあり、より単純で分かりやすい解説書が求められていました。
    そしてそのような需要に対応するために、テクニカルライターが必要になりました。
  • 今は技術文章、科学技術記事、マニュアルされた文章制作を行うライターをまとめてテクニカルライターと呼んでいます。
    承知のとおり1995年には「Windows95」が発売され、初心者向用のマニュアル本の発行が主流になりました。
    書店に並ぶ多くのパソコン専門書、またパソコン雑誌などの原稿執筆などが主な仕事になります。

1.開業に必要な手続き

開業する際は、特に許認可も必要ありません。
しかし著作権と言った法律知識は必要です。
主に著作権の「引用と転載」、登録商標や商標、さらに工業所有権関連の法律の知識が必要になります。

自営や小規模コンサルティングでは、SEやシステムコンサルタントを1人で行うことも多くなっていますが、この場合能力のある技術者のマネジメントがポイントになります。
最近はコンサルティング業務の内容も多様化してきており、またプロジェクト受注においては先行運転資金の負担もありますので、開業者自身の知識や資金、人脈も必要です。

2.開業にあたっての留意点・準備

執筆分野

テクニカルライターの仕事ですが、主にパソコン雑誌、マニュアル、パソコン解説書などです。

マニュアルライター

中小メーカー、またソフトウェアハウスにおいては、マニュアル制作部門があるところも少ないので、フリーライターなどに制作依頼することもあります。
しかし最近はヘルプ機能、さらに解説本の増加によって需要も減少しています。

パソコンブックライター

主にパソコンやソフト解説書などを、単独、共同執筆します。高い能力が求められ経験も必要です。

パソコン雑誌ライター

週刊誌、月刊誌のパソコン雑誌が中心になります。
その中には技術者や研究者から転向する者も多く、その他にも投稿がきっかけになった者、また一般雑誌から転職するライターも目立ちます。

営業活動

ライターを探している編集者も多く、知人や同業者、また編集者などの人脈から仕事を紹介されることが多くなっています。
この仕事は人間関係の幅が大きく影響してきます。
新ジャンルにチャンレンジする際は、企画書を出版社に飛び込み営業する方法もあります。
さらにWebを利用した営業方法もあります。
その他にも編集者やライターが集うイベントなどに参加して人脈を作ったり、ホームページを立ち上げたりする営業方法もあります。

収入形態

原稿料ですが、刷り部数の印税方式、また保証部数の印税方式、さらに完全実売方式、買い取り方式などに分類できます。
この中でパソコン解説書などは、完全実売方式や保証部数の印税方式が多くなっています。
印税率については各出版社によって変わりますが、だいたい10%前後になっています。

3.必要資金例

準備中

4.ビジネスプラン策定例

準備中

5.入っておくべき保険

準備中

6.必要になる契約書

準備中

開業に精通した専門家をご紹介します

下記フォームからご希望内容を入力の上、送信ボタンを押してご依頼・お問い合わせください。 ※紹介料は一切発生しません。
お名前必須
お名前(ふりがな)必須
メールアドレス必須
電話(ご連絡のつく番号)必須
会社名・屋号(任意)
※起業前の方は未定とご記入ください。
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村必須
番地(建物名等)(任意)
ご相談種類 必須

ご紹介依頼・ご相談内容詳細必須
referrer
  • ご依頼にあたっては「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご依頼内容によってはご希望に添えないケースもございますのであらかじめご了承ください。

IT関連に関するお店ごとの開業手帳