飲食開業手帳

惣菜製造販売業の開業手帳

  • 惣菜製造販売業というのは、弁当やおにぎり、おすし、サンドイッチ、パンなどの製造、販売を行う形態のお店になります。
    現在は惣菜販売のみならず、カフェの併設や雑貨や食材販売を行っているお店も多くなっています。
  • 生活スタイルの変化や女性の社会進出などの影響で、とても簡単に入手できる惣菜の需要は毎年高くなっています。
    惣菜は品数の多さ、また低価格が魅力的ですが、どちらかというと手作り商品の方が人気となっていますので、自店で調理する所も多くなっています。
  • 立地については学校や会社周辺、また商店街や駅前など人通りの多い場所が最適です。
    商品価格も低いのでいかに固定客を確保できるかになります。

1.開業する際に必要となる手続きについて

開業の際は所轄の保健所に営業許可を申請してください。
また食品衛生法の規定により、各店舗に食品衛生責任者を1人置く必要があります。
食品衛生責任者になるには、調理師、栄養士、製菓衛生師のいずれか一つの資格が必要になります。
また資格をもっている者がいない時は、最寄りの保健所が開催する食品衛生責任者のための講習を受講 してください。

2.開業する際の注意点、準備について

1)営業上の留意点について

惣菜の数は多いに越したことはありません。
また季節食材を使用した商品もメニューに加え、固定客を増やすことも大切です。
最近は惣菜店も多くなってきていますので、オリジナル商の提供などによって競合他店との差別化を図る必要があります。
例えばダイエットメニューや無添加食材を使用したメニュー、さらに昔の家庭料理のメニューなど、対象客に見合った商品を提供してください。

販売方法についてはバイキングやパック詰めなどが考えられます。
パック詰め商品は効率的で良いのですが、顧客層によっては好みも変わってきますので注意してください。
サイズの種類も増やし、高齢者や女性向けの商品を用意すると喜ばれます。
またバイキングなどは多くの商品を購入できますが、その分スペースの確保も必要です。

2)経営上の留意点について

個人店舗であれば、仕入食材の数や種類に限界が生じます。
そのためロスを減らし利益率を高くするには、メニューの工夫も必要になります。
例えばお店の中にイートインスペースなどを設置したり、ケータリングサービなどを行ったりするのも一つの方法です。
しかしケータリングサービスは資金も必要になりますので、計画的に行う必要があります。

3.必要資金例

準備中

4.ビジネスプラン策定例

準備中

5.入っておくべき保険

準備中

6.必要になる契約書

準備中

開業に精通した専門家をご紹介します

下記フォームからご希望内容を入力の上、送信ボタンを押してご依頼・お問い合わせください。 ※紹介料は一切発生しません。
お名前必須
お名前(ふりがな)必須
メールアドレス必須
電話(ご連絡のつく番号)必須
会社名・屋号(任意)
※起業前の方は未定とご記入ください。
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村必須
番地(建物名等)(任意)
会社設立日(任意)

ご相談種類 必須

ご紹介依頼・ご相談内容詳細必須
referrer
  • ご依頼にあたっては「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご依頼内容によってはご希望に添えないケースもございますのであらかじめご了承ください。

小売店に関するお店ごとの開業手帳