飲食開業手帳

バーテンダーの開業手帳

  • バーテンダーの仕事内容も様々になっていますが、その内容は、ワイン、ウイスキー、また、カクテルといった専門分野に分類されます。このように専門性がありますので、どれか一つに特化する必要があります。

    その中で、ワインはソムリエと呼ばれ、人気のある分野になっています。その他、カクテルやウイスキーバーテンダーもあります。

  • バーテンダーを職業としている人は差ほど多くありません。その多くは、バーと並行して行っています。実際にバーテンダーを行っている人の中には修行中の人も多く、将来バーの開業を予定している人が多くなっています。
  • バーテンダーは待ちの仕事の類に入りますので、立地条件が大きく影響してきます。また、景気の波にも左右されます。しかし、一般的に必要とされている仕事でもあり、急に後退することはありません。その反面、成長も緩やかです。

1.開業に必要な手続き

専門資格となるソムリエ、また、ウイスキー&スピリッツと言ったものは必ずしも必要とされません。実際は能力の世界でもあります。

能力的な要素について

最も大切なものは接客になります。接客業ですので何よりも奉仕することが重要です。更にコミュニケーション能力も必要になります。

食品衛生法と食品衛生責任者

店舗所轄の保健所の食品衛生課に営業許可の申請を行う必要があります。食品衛生法の規定では各店舗に、食品衛生責 任者を1人置く必要があります。

食品衛生責任者は、調理師、栄養士、製菓衛生師などの資格が必要で、資格者不在の場合は、保健所が行っている食品衛生責任者講習会を受講すれば資格取得も可能です。

税務及び社会保険関係について

通常の開業手続きですが、個人の場合は税務署へ開業手続き、また、法人の場合はそれぞれの事情により、健康保険・厚生年金関係は社会保険事務所へ、雇用保険関係はハローワーク、また、労災保険関係は労働基準監督署、そして、税金関連は所轄税務署、または、税務事務所に申請を行う。

深夜酒類提供飲食店営業の届出について

深夜の時間(午前0時から日の出前)に酒類販売を行う場合は、公安委員会に対して、「深夜酒類提供飲食店営業」を届出る事になります。

また、不明な点は地域の警察署・保安係に問い合わせとなります。

2.開業にあたっての留意点・準備

経営形態

個人で開業する人の中には、ホテルのバーや全国各地のバーテンダーで修行する人も多くなっています。その多くは、雇用契約によって従業員となっているバーテンダーですが、中には短期的なバーテンダーもいます。

期間契約での雇用の場合月給制のところも多くなっています。人によって月商も様々です。中には数百万円以上稼ぐ人もいます。

経営上の注意点について

お客様に提供する商品の数は多いほど良いのですが、その他にもお客様とのコミュニケーションも必要になります。

その為、多くの事柄に関心を持ち、豊富な話題を持てるようにしておいて下さい。将来的にバー開業を目標にしている人も多い為、多くの経験を積むようにして下さい。

3.必要資金例

準備中

4.ビジネスプラン策定例

準備中

5.入っておくべき保険

準備中

6.必要になる契約書

準備中

開業に精通した専門家をご紹介します

下記フォームからご希望内容を入力の上、送信ボタンを押してご依頼・お問い合わせください。 ※紹介料は一切発生しません。
お名前必須
お名前(ふりがな)必須
メールアドレス必須
電話(ご連絡のつく番号)必須
会社名・屋号(任意)
※起業前の方は未定とご記入ください。
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村必須
番地(建物名等)(任意)
会社設立日(任意)

ご相談種類 必須

ご紹介依頼・ご相談内容詳細必須
referrer
  • ご依頼にあたっては「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご依頼内容によってはご希望に添えないケースもございますのであらかじめご了承ください。

飲食店に関するお店ごとの開業手帳