オフィスの電気代の5割は空調です!起業して初めてのオフィス選び -賃貸オフィス編・空調の巻-

創業手帳

電気代を抑えて賃貸オフィスを快適な温度・湿度にたもつ空調の選び方

office-airconditioning-fig02
オフィスの快適性を大きく左右するもののひとつに温度や湿度といった空気環境がある。見栄えがよくて機能的なオフィスであっても、空調の不備で、暑すぎたり寒すぎたりしては快適に過ごすことはできず、仕事の効率も落ちる。

本文を読む

また、エアコンなどの空調の電力消費割合は賃貸オフィスビル全体の5割近くに達するため、コストの観点からも賃貸オフィス選びの際は、空調に注意したいところだ。

今回はオフィスの空調について、オフィス選びという観点から考えていきたい。


まず賃貸オフィスビルの共用部の快適性のチェックから

賃貸オフィスビルに入ってまず気にしておきたいのが、共用部の空気環境の快適性だ。中小規模のオフィスビルには共用部に空調が入っていないものもあるが、エントランスはビルの顔。エントランスに暑すぎたり寒かったりしては、そこに入居する企業のイメージにも影響を与えてしまうのである。

【関連記事】起業して初めてのオフィス選び -賃貸オフィス編・エントランスの巻-

具体的には、温度・湿度は適切か、不快な臭いがしないかといった点が判断基準となるが、空調が入っているからといって安心はできない。夏に寒すぎたり、冬に暑すぎたりといった運用がされているオフィスビルは管理体制にも疑問を持ったほうがいいだろう。

逆に共用部にエアコンなどの空調がないオフィスビルであっても、換気などによって快適な空気環境を実現するための努力がはらわれているビルのほうが評価できる。共用部の空気環境は「来館者に与える第一印象」を意識して、ビルでどのような取り組みがなされているかを総合的に判断したい。

賃貸オフィスビル「空調」のチェックリスト1
  • 共用部の温度、湿度は適切か?
  • ビル内に気になる臭いが漂っていないか?


創業手帳

カテゴリーから記事を探す