グッドルームが賃貸オフィス専門サイト「goodoffice」を開始


グッドルーム株式会社は20日、賃貸オフィス専門サイト「goodoffice」を開始しました。

「goodoffice」とは、「暮らすように働く」をテーマに働き心地の良いオフィス空間を紹介するサービスで、デザイナーズや居抜き物件をはじめ、こだわりのオフィス賃貸物件を1件1件取材し、事務所/SOHOをお探しの方の”楽しくなる”オフィス探しをお手伝いするものです。
さらに、オフィスリノベーション事業も行っており、無垢床材を使ったオフィス空間を提供しています。

今回は、代表取締役の小倉弘之氏に、goodofficeの特徴や、このサービスを始めたきっかけをお伺いしました。

-サービスの概要はどのようなものですか?

    
「暮らすように働く」をコンセプトにし、人々が働く空間にも居心地の良い空間をご提案、ご提供致します。自社のオリジナルリノベーションブランド・TOMOSのオフィス物件のご提供、そして新しく立ち上がるgoodofficeサイトでのオフィス物件募集を行います。

-どうしてこのオフィス向けのサービスを作ったのですか?

自分たちの会社が事務所を立ち上げたとき、雑居ビルの1室からスタートしました。その際、お金はないので、内装費用はあまりかけられないけど、いわゆる普通の内装だと嫌だ、でもいい部屋がなくて苦労した経験がありました。また、創業で本業に注力しなければいけないのに内装のデザイン等をするのに時間がかかってしまった経験があり、創業時にも高くはないけど、居心地のよいオフィスを作れないかと思ったのがきっかけでした。

-無垢床材を使ったオフィス空間を提供していますが、どうして無垢にこだわっているのですか?

オフィスという1日で一番長くいる場所にこそ、落ち着いて仕事ができる環境が大事だと思い、触れ心地の良い無垢素材を利用しております。
そして自社のオフィスでも無垢を使って従業員の評判がいいことから無垢にこだわっています。

-最後に、起業家に向けてアドバイスをお願いします

創業時は何もわからない状況の中で、いろいろなことをやらなければいけない大変さはあります。でもその大変さが楽しいポイントでもあります。振り返ると創業の苦労はいい経験になっていますので、ぜひ苦労を楽しんでいってください。もちろん、部屋探しの苦労はしないようサポートいたします。

goodofficeの詳細についてはこちらをご覧ください
カテゴリ 便利なサービス

便利なサービスのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら