自動運転車向けレーザーレーダー技術の「Oryx Vision」が5000万ドル調達

イスラエルのペタク・チクヴァを拠点とする、Oryx Vision は、5000万ドル(約54億8000万円)の資金調達を実施しました。

LIDAR(レーザーレーダー)カメラの製造プロセスをかんたんにする新技術を開発しています。

LIDAR は、自動運転車が周囲を把握するために必要な部品です。

今回の資金は、LIDAR 技術の開発の推進に活用されます。

カテゴリ トレンド
関連タグ イスラエル関連のニュース 新規事業関連のニュース

トレンドのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら