ガン早期発見スタートアップの「GRAIL」が9億ドル調達

アメリカ・シリコンバレーを拠点とする GRAIL は、9億ドル(約990億円)の資金調達を実施しました。

日本の電通ベンチャーズなどが出資に参加しました。

血液検査でガンを早期発見できる技術を開発しています。2019年の実用化を目標としています。

電通ベンチャーズは、今回の出資とクライアントやパートナー企業との橋渡しなどによって、日本での実用化を後押しするとしています。

カテゴリ トレンド

トレンドのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら