「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が成立 登録制・営業は年間180日

平成29年6月9日、「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が参議院本会議で賛成多数で可決され、成立しました。

都道府県知事に住宅宿泊事業者として届け出をすることで、民泊サービスを提供することができるようになるというものです。

営業日数には上限があり年間180日です。

衛生確保措置や騒音防止のための説明や、苦情対応、宿泊者名簿の作成・備付けなどが義務付けられています。

カテゴリ トレンド

トレンドのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら