人工知能モバイルアドテク「Spotad」が350万ドル調達

イスラエル発の Spotad は、350万ドル(約4億円)の資金調達を実施しました。

広告主のマーケティングデータや広告のプログラマティックバイイングを独自の機械学習システムと組み合わせ、どんなモバイルアドスペースもリアルタイムで購入できる広告主用プラットフォーム(DSP)を提供しています。

このプラットフォームは、ターゲット層がもっともスマートフォンを利用する時間や、モバイル広告でコンバージョンを引き出せる可能性の高い時間帯などを割り出します。

その割り出した時間帯に、アルゴリズムによって広告の自動入札がリアルタイムが行われます。

今回の資金は、中国への事業展開に加え、日本、韓国、インドにおける開発の加速、および開発者やデータサイエンティストの新たな雇用に活用されます。

カテゴリ トレンド

トレンドのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら