GPSで子供の見守り「Jiobit」が300万ドル調達

シカゴを拠点とする Jiobit は、300万ドル(約3億4400万円)の資金調達を実施しました。

GPS により子供がどこにいるか確実に把握できるプロダクトを開発しています。

シリコンでできた小さな白い直方体のデバイスを、子供のベルトループやバッグなどにつけることで、子供の現在位置を把握することができます。

また、子供の動きが毎日レポートとして親に届く機能もあります。

今回の資金は、人員の強化やデバイスとアプリの市場デビューへの準備に活用される予定です。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする