経費精算支援の「Spendesk」が220万ドル調達

フランス発のスタートアップ Spendesk は、220万ドル(約2億5300万円)の資金調達を実施しました。

フランスでは経費処理に手間がかかります。たとえば購入したもの全てにレシートが必要となります。また、コーポレートカードが普及しておらず、従業員はまず自分のお金で支払いを行ってから、1、2ヶ月後に払い戻しを受けるという状態になっています。

Spendesk は、フランスの経費処理の問題を解決するため、包括的なエンタープライズ向け経費管理システムを開発しています。

今回の資金は、モバイルアプリのローンチと利用者全員へのコーポレートカードの発行に活用されます。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする