法務特化プログラミング言語開発の「Legalese」が41.5万ドル調達

シンガポールを拠点とする Legalese は、41.5万ドル(約4700万円)の資金調達を実施しました。

そもそも法的書類がどのように記述されるべきかを再定義するために取り組んでいます。

つまり「法的な契約に特化されたプログラミング言語」「コードをわかりやすい英語などで書かれた法的書類に変換するコンパイラ」「DSL で作成されたアプリと、多彩な法務シナリオ(ユースケース)に対応できるコンパイラ」を開発しています。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする