VR体験施設の「Zero Latency」が700万ドル調達

オーストラリア・メルボルンを拠点とする Zero Latency は、700万ドル(約8億円)の資金調達を実施しました。

VR体験施設である「Zero Latency」を運営しています。

また、去年はDellと協力し、VRランニングゲームを共同開発しています。

「Zero Latency」は、日本では東京ジョイポリスで体験することができます。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする