シンガポールのAIスタートアップ「ViSenze」が1050万ドル調達

シンガポールを拠点とする ViSenze は、総額1,050万ドル(約10億5,000万円)の資金調達を実施しました。

楽天ベンチャーズなどが投資しました。

eコマースやデジタルビジネス向けのビジュアルテクノロジーを開発しています。

具体的には、機械学習とコンピュータビジョンを活用し、たとえばeコマースで検索したときや、ソーシャルメディアを利用したときに、即座にビジュアル的に類似した商品を提案するというサービスです。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする