コミュニケーションツールの「Slack」が合計197万ドルを14社に投資

Slack は、これまでに合計197万ドル14社のスタートアップに投資したと発表しました。

名前が明かされているスタートアップは、Awesome.ai、Abacus、Automat、Begin、Birdly、Butter.ai、Candor, Inc.、Growbot、Howdy、Konsus、Lattice、Myra Labs、Sudo、Wade & Wendy です。

この14社はすべてボット関連のサービスを提供するスタートアップです。

ボットは小さなプログラムでできており、人の代わりに何かをしたり、必要な情報を素早く入手したりといったことに利用されています。

Slack上には現在600ほどのアプリがあり、ボット関連への投資は、Slack専用のサービスの拡充のためだとみられています。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする