経産省・「次世代ヘルスケア産業」創出へ

経済産業省は、健康データの活用をテーマにした実証事業を開始します。

経済産業省が事務局を務める「次世代ヘルスケア産業協議会」が平成25年4月に設置され、「国民の健康寿命の延伸」や「新産業の創出」、それによる「生涯現役社会の実現」などを目指しています。

その施策の一環として、平成28年7月頃から半年間、健康データの活用をテーマにした実証事業を開始します。

「軽度の糖尿病患者」などの対象者を選定し、ウェアラブル端末を配布しする実証事業です。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする