MicrosoftがBingの検索データから潜在的な膵癌患者を探知する研究結果を発表

Microsoftは、Bingの検索クエリを解析することで、膵癌の可能性がある患者を初期に特定するという研究の結果を発表しました。

すでに膵癌の告知を受けた患者の検索履歴に共通するパターンがないか調べるというものでした。

明らかなパターンが確認され、現段階での探知成功率は15%ほどとなっています。

今後の研究により精度を高めることができるだろうとのことです。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする