中国の配車アプリ「Didi Chuxing」が45億ドル調達 アップルなどが出資

中国を拠点とするDidi Chuxing(滴滴出行)は、45億ドル(4,700億円)の資金調達を実施しました。

アメリカのAppleや、中国のEC大手のアリババ・グループなどが出資しました。

今回の資金調達規模は、競合相手であるアメリカのUberの調達金額35億円を上回る結果となりました。

Uberは中国市場での事業の拡大に力をいれており、これからますます競争が激しくなるとみられています。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする